怒髪天を突く

行列に並んだ時のジンクスというのもが存在する。

自分の並んだ列の進みかたが一番遅い

というやつである。これを読んでいる諸氏も思い当たるフシがあるだろう。ジンクスと言うよりは、マーフィの法則に近い。コンビニやスーパーの精算待ちから渋滞の道路上までいたるところで適用が可能である。

見慣れない割引クーポンを精算時に出した客がいたようで、従業員がレジへの入力方法がわからずにうろたえていた。私は「これは時間がかかりそうだ」との判断により、別の列の最後尾に移動することにしたのである。しかし、ベテランの従業員を呼んできてすぐに解決してしまい、もといた列の方がすいすい流れだしてしまった。その一方で、私が移動した方の列は、「なぜコンビニごときでそんなに」と首を傾げたくなるほど大量の物品を買い物かごに入れていたご婦人のおかげで、流れがしばし止まってしまったのだ。

怒髪天を突く

とはまさにこの時の心境であろう。銀行の例を見習って、コンビニなどにもフォーク待ちを導入していただきたいと切に願っている私であった。