ウィンカーがつかない

先週金曜日の話ですが、雨の中仕事をしてたらウィンカーがつかなくなりました。ハザードはつくんですよね。
会社の整備のお兄さんに見てもらったんですが、ウィンカーリレーとかは問題なさそうということ。
タンク外して奥の方までチェックとかしてくれたんですが結局コレといった原因がつかめないまま、左の手元のウィンカーのスイッチの中をきれいに掃除したら直ってしまいました。なんだか、スイッチの中にグリースが詰まっていたんだとか。前のオーナーの時の物か、中古車として整備した人のせいか、よくわかりませんが、日曜日一日雨の中野ざらしにしてしまったんですけど現象の再発はしてません。
そういえば、前のバイクのVTR250に乗っていたときのこと、やはり左の手元のスイッチの中にゴミがたまってしまって、雨の日にとつぜんホーンが鳴り出したことがありました(笑)
あのときはビックリしたなぁ。

2 thoughts to “ウィンカーがつかない”

  1. ハンドルカバーしてグローブがわりに軍手で乗っていると、これまた毛玉とかホコリの温床になりやすいので、お掃除は忘れないようにしましょう ^_^
    傍目にはちょっとカッコ悪いけど、やっぱ暖かいし便利ですよね。グリップヒーターとコンボで真冬でも軍手でOKです。

  2. やっぱカバーは必要だね

コメントは受け付けていません。