2010/02/03 放送分 ためしてガッテン (低体温) のまとめ

  • ある調査では子供の3割が低体温、高齢者の4割が低体温
  • 日本人の平熱は約37℃。体温が35℃台になるだけで人体に悪影響が出てくる
  • 低体温になると… 免疫機能の低下、出血量の増加、心臓疾患のリスクが2~3倍増加する
  • 冷え性と低体温はメカニズムが違う。
  • 体温には皮膚温と深部温があり、深部温が体温として測定される。
  • 末梢の皮膚温を下げることによって、熱を体の中心に集めている。
  • 女性に冷え性が多いのは、体の中心の温度を上げて胎児を守る働きのため。
  • 北海道の人たちは厳しい寒さから深部温を守るため、手足の温度を素早く下げる能力が発達している(そのため冷え性のひとが多い)
  • 太った人は脂肪が断熱材のような役割を果たして深部温が表面に出てきにくいため、皮膚温は逆に低い。
  • 低体温になる原因。極端なダイエット(小食)/筋力不足/甲状腺ホルモンの減少
  • 低体温には2つのタイプがある。冷え性で低体温(そもそも熱が足りない)のひとと、冷え性じゃないのに低体温(せっかく熱を生んでもどんどん逃がしちゃうタイプ)のひと。
  • 交感神経の機能が低下すると、末梢の血管がうまく収縮できずに、体温を逃してしまう。主な原因、体質/ストレス/不規則な生活リズムなど。
  • 交感神経が正常でも、老化によって血管が硬くなってくると血管をうまく収縮させられずに(体温を逃しやすくなって)低体温になる。
  • 寒い気温の中でも寒く感じないひとは冷え性じゃないのに低体温のひと(放熱してるから)。
  • 海女さんの体温維持能力の秘密。1,常に体を動かす。2,冷たい海に繰り返しつかる(交感神経のトレーニング)。我々に応用するなら、20~30分程度のウォーキング。1枚薄着で過ごす。顔を寒い外気中にさらせば交感神経のトレーニングにつながる。
  • 高齢者は寒い中で急な運動をするのは危険。老化は足から来る。足の寒さ対策をするのが大事。
  • 正しい体温の測り方。電子体温計(脇下型)も10分計測する。
  • 冷え性の人の対策法。室内の厚着はあまり効果がない。タンパク質を多く摂る。総カロリー数の40%以上をタンパク質で摂る。