Fedora 19 で google-chrome の web アプリが立ち上がらない

chrome に Tweetdeck というエクステンションがあって、PC から Twitter するときはほとんどコレを使っている。 chrome には web ページをアプリケーション化する機能があり、かの Tweetdeck もアイコン化してこれをクリックすれば立ち上がるようにしているのだが…

Screenshot from 2013-07-07 21:48:55

お試しでインストールしてみた Fedora 19 でも当然そのようにセットアップしたのだが、このアイコンをクリックしても Tweetdeck が立ち上がらない。

Screenshot from 2013-07-07 22:02:54

/opt/google/chrome/chrome: error while loading shared libraries: libudev.so.0: cannot open shared object file: No such file or directory
# ldd /opt/google/chrome/chrome | grep udev
libudev.so.0 => not found

なるほど、libudev.so.0 が無いと。Ubuntu 13.04 でもそんな問題があったな。でも、単独で chrome は立ち上がる不思議。

やはり F19 のリポジトリでは、 libudev.so.1 は提供されているものの libudev.so.0 は見当たらない。

では、むりくり symlink しちゃえ!

# cd /usr/lib64
# ln -s libudev.so.1.3.5 libudev.so.0
# ls -l libudev.*
lrwxrwxrwx. 1 root root    16  7月  7 22:12 libudev.so.0 -> libudev.so.1.3.5
lrwxrwxrwx. 1 root root    16  7月  4 01:54 libudev.so.1 -> libudev.so.1.3.5
-rwxr-xr-x. 1 root root 76456  6月 25 00:31 libudev.so.1.3.5
# ldd /opt/google/chrome/chrome | grep udev
libudev.so.0 => /lib64/libudev.so.0 (0x00007f0e537d5000)

というわけで、Fedora 19 でも無事 Tweetdeck が使えるようになりました。

OS で蹴るサイトを華麗にスルー

KDDI のお客様サポートのサイトは、なんと驚くべきことに、Windows(と MacOS?)以外のOSを蹴っており、 Linux ではログインできない。

それだけのために UserAgent を詐称するエクステンションを導入するのはしゃくにさわるので、Firefox のプロファイルフォルダの user.js に以下のように追加して、騙してスルーしよう。

Firefox のバージョンによってもデフォルトの Useragent 文字列は変わるので、確認くん などで default の Useragent 文字列を調べて、カッコの次に “Windows NT 6.3;” などと加えて、騙すための Useragent 文字列を得る。

btrfs で各 Linux ディストリの root を subvol で分けてみた

今までは、各ディストリごとにパーティションを切ってインストールしていたのですが、 空き領域とかもったいない気がしたので、 Fedora 19 をお試しインストールするのをいい機会に、 /boot こそは各ディストリごとに分けるけども rootfs は btrfs に subvol で領域は区別するものの同じ btrfs パーティションにインストールしてみるようにしました。

Screenshot from 2013-07-06 00:39:52

試してみるに、 Fedora 19 は btrfs 上の subvol 名を明示してインストールが可能、 Ubuntu 13.04 は subvol 名は固定(@, @home 等)になっちゃうけど btrfs 上の subvol にインストール可能、 しかし、 openSuSE 12.3 は、問答無用でインストーラが btfrs 上のルートにインストールしてしまったので、後で別の Linux から subvol を作ってそっちに全部 mv する作業が必要になったものの、とりあえず subvol の rootfs をマウントすることが可能であった。

(注)あとで気がついたけど、openSuSE の場合、あらかじめ subvol を作って set-default しておけばもっと簡単にできたのかも… 面倒くさいので確かめてませんが…

効率的にパーティションを共有することができて、しょっと幸せ。