Linuxで新たなロジクールのUnifyingデバイスをペアリングする

最近はもっぱら、ロジクールの無線キーボードやマウスを愛用しています。

新しいデバイスを買った時、付属のドングルで使うぶんにはいいのですが、 既存のUnifyingレシーバに新しいデバイスを登録(ペアリング)したい場合、 公式のソフトはWindows用しかありませんので、Windowsでやれば手っ取り早いです。

しかし、どうしてもLinuxでそれをやりたい場合、どうするか。

GTK3の使えるディストリようには、この記事のように、GUIの使いやすそうなアプリがあるみたいですが、GTK3のないRHELのようなディストリ用にコマンドラインだけでできる方法もこのサイトで解説されています。

上記のリポジトリをcloneしてコンパイルするとUnifyというコマンドができますので、

# ./unify /dev/hidraw0

みたいに打ちこめば、USBに挿したUnifying Receiverがペアリングモードになるので、追加したいデバイスのスイッチをONにすれば、次の瞬間から使えるようになりますね。

いや〜便利便利。

ところで、つい前日買ったM185のことなんですが、仕事に持っていくつもりだったので、Unifyingにこだわらず安いのを、ということでこれにしたんですが(でも、ホイールがチルトできないのでちょっと失敗した感)、メーカーサイトでもとくにUnifyingとは書いてないくて、製品に付属してきたドングルも専用のものっぽかったんですね。

でも、本体を裏返してみたら、見慣れたマークが。

2013-12-08 15.20.51

おお、この赤いマークは、Unifyingの印ではないか!

ということでやってみたら、Unifyingレシーバーともちゃんとペアリングできるし、問題なく使えるようです。