碓氷峠~浅間白根火山ルート

草津白根山

ツーリングマップルでいうと、関東版 p.77

今回はひさびさに、ぼくのバイクの師匠がつるんで走ってくれる気になっていたので、ご一緒したのでした。ししょーといっしょ、ししょーといっしょ、わーい、わーい!(アホかこいつは) 師匠、道はまかせました!ぼくは後ろからついて行くだけですから(横着さん♪)。

出発 → 関越道 → 上信越道 松井田妙義 I.C.

あ、妙義っていったらナイトキッズの本拠地ぢゃん?(いないって)

ここから碓氷峠の旧道に向かい、オートバイではじめて長野県まで到達。あと関東甲信地方で行ってないのは茨城県だけだな。でも神奈川県と千葉県も高速道路で通過しただけなんですよね。まぁ別に、どうでもいい話ですけど。

→ 碓氷峠(旧道) → 軽井沢 → 白糸ハイランドウェイ → 鬼押ハイウェイ → 鬼押出し園

oniosi.mov
QuickTime VRで見てね

鬼押ハイウェイは浅間山の裾野を走る有料道路で、鬼押出し園に至るまでの道の両側に広がる風景が

!これまた絶景!

浅間山の雄姿が素晴らしい!よそ見して事故を起こさないように注意しよう!

→ 万座ハイウェイ → 白根山 → 草津町

sirane.jpg

白根山の湯釜の近くのレストハウスにオートバイを停め、湯釜まで登山。というほどのものじゃないけど、非常に疲れた。電池切れた。カツ丼食った。おっしゃ、充電完了。

白根山を下りて草津町に向かうところの道路。地図を見ても国道 292 号としか書いてないのだけれども、この道が

!これまた絶景!

アーンド、ヘアピン急カーブの連続!ロープウェーの下をくぐったりして。いいわぁ、ここ。激オススメポイントですよ、ここは!ノロいクルマに邪魔されなければね (^_^;)。

しかし、絶景!絶景!ゆってるけど、ちっとも写真録ってないぢゃーん。まぁ、それはそれ、ご自分の目でお確かめになってくれと、そういうことですよ(屁理屈さん♪)。

→ R145 → R353 → 関越道 渋川伊香保 I.C. → 帰宅

本当は、草津から暮坂峠を通る 55 号とかいう道(日本ロマンチック街道!)を行くはずだったんですけど、案の定、道を間違って上記ルートになりました。

ukatsu.jpg

失敗談のコーナー!!(笑)

師匠は関越の途中で降りるというので、上里 S.A. でひとまず解散したあと、調子こいてブッ飛ばしてたわけですよ。そしたら、ウエストポーチのポケット(マジックテープで留める)が風でべろ~んと開いてしまって、そこに入れておいた高速道路のチケットが、ばびゅーんとどっかに飛ばされて行ってしまったのですぅっ!がーん… (T^T)

新座料金所のおぢさんにわけを話して、住所氏名を書かされたり、ナンバーを控えられたりで、ちょっとドキドキしましたぁ(笑) 正規の料金以上に支払わされたわけではないけど、ここでたとえば、「所沢から乗りましたぁ」とか下手な嘘ついたりしてたらまたオオゴトになってたかもしれないですけどね(嘘つくなよ)。ちゃんと「渋川伊香保から乗ったんですぅ」って言いましたよ(正直さん♪)。

走行距離

約 350 km

燃費メモ

154 km / 8.2 l ≒ 18.8 km/l
145 km / 7.6 l ≒ 19 km/l

奥多摩周遊道路へおでかけ

奥多摩湖

ツーリングマップルでいうと、関東版 p.89

このあいだの奥多摩は道に迷ってしまったり渋滞で疲れ果ててしまったりしたので、本当の奥多摩を体験したわけではなかったのだ。今回は、知る人ぞ知る!(^_^;) 奥多摩周遊道路に行ってみました。

高円寺 → 青梅 → 奥多摩湖

今回は早朝に出発して早い時間帯だったためか、全然楽チンに同じ場所まで来れてしまいました。

→ 国道 139 号 → 小菅 → 地方道 18 号(上野原丹波山線) → 地方道 33 号(上野原五日市線)

koubu.jpg

すぐには周遊道路の方には行かずに(^_^;)、山梨の方までまわりみちです。

交通量も少なく案外快適な道です。ただ、ところどころ荒れ道だったり急に道幅が細くなったりしているのでとばしすぎに注意です。

ひとりぼっちで 1km 近い長さの甲武トンネルを通り抜けるのは、別の意味で少々怖かったです(笑)。

→ 地方道 206 号(檜原街道) → 奥多摩周遊道路

shuyu2.jpg

さぁ、いよいよ、走り屋さんに超人気(^_^;)のコースへ突入です。この日はクルマの走り屋さんは見かけませんでしたが、バイクの走り屋さんのかたがたはかなりいらっしゃいましたですねぇ(なぜ敬語)。走り屋に限らず普通のツーリングな人たちもたくさんいて、つまりバイクラッシュなわけです、この道路は。

白バイ屋さんもいました。ねずみ取り仕掛けて入れ食い状態でウハウハって感じです(笑)。ぼくは大丈夫でしたよ。ねずみ取りは対向車線の方でやってたし、何よりぼくは安全運転ですから(^_^;)。

shuyu1.jpg

ほとんどのコーナーには、センターライン上に棒が立っていたり、路面に凸凹加工などが施されているので、それほど激しい走りはできないようになっています。一歩間違えれば死ぬもんね、本当。でも路面を加工するのはやっぱりやめて欲しい(^_^;)

しかし、休日がバイクラッシュになってしまうほどなのがわかります。とても快適で走りやすい道でした。走り屋になろうとは思わないけど(^_^;)、技術を身につけてばっちり思い通りのコーナリングができるようになれればすごく面白い道だと思います。

→ 奥多摩湖 → 青梅 → 所沢 → 埼玉県志木市(実家)

いやぁ、しかし、空冷のエンジンは止まってると暑いですな。冬は暖かくていいんだけど。

走行距離

約 250 km

燃費メモ

200 km / 11 l ≒ 18.2 km/l 142.2 km / 9 l ≒ 15.8 km/l

正丸トンネル 〜 三峰神社へおでかけ

Googleマップツーリングマップルでいうと、関東版 51-G5

発: 埼玉県朝霞市(友人宅) → 川越

友人の I 君が、朝 9 時に来いというので、東京の自宅を朝 7 時に出て、電車とバスで(!)埼玉の実家に向かい、そこに置いてあるオートバイで朝霞の I くんちに到着。

どっかオートバイが安心して置いとけるアパートに早く引っ越したいス。

→ 国道 299 号 → 正丸トンネル

ここらへんの紅葉はまだ、10 〜 20% といったところ。

正丸トンネルは写真とったところで真っ暗になると思うので、デジカメとりませんでした(っていうか、I 君どんどん先にいっちゃうし、途中で止まれるほどの道幅はないし)。全長 2km くらいある、なが〜いトンネルであります。

さてここで、衝動買いで買った DJ-1000 と、今まで持ってた DC-25 の画質比べをしてみよう!

画質比べ(その 1 )

DC-25
DJ-1000

縮めるとよく分からなくなるが、もとの大きさ(上の写真をクリックして表示されるでかいやつ)を見比べると、DJ-1000 は彩度が少し低いようである。

PC ウォッチのレポートによれば、DC-25 が原色フィルタを採用しているのに対して、DJ-1000 は補色フィルタを採用しているんだからとかで、DJ-1000 が超低価格なデジカメとして出てきた点を考えると、こんなもんなのかと納得するほかない。これでも、付属のソフトで彩度を少し上げてあるんだけど。

→ 秩父市街 → 国道 140 号

今回は、299 号から秩父市街に入ってすぐの上野町交差点を左に曲がって、140 号をひたすら道に沿って西へ走ってゆきます。

どんどん山道を登るので自力で耳抜きができる能力を開発しておいた方がいいでしょう(笑)

→ 駒ヶ滝トンネル

反対側の信号
トンネル手前

途中で、中津川のほうにそれる分岐があります。この道(中津川三峰口停車場線)もツーリングマップルではおすすめルートになっているんで、今度行ってみたいですね。

しばらく進むと、長い信号待ち行列に出くわします。駒ヶ滝トンネルは道幅が狭くて車 1 台分しか通れないので、信号で車の流れを制御して、かわりばんこに通るわけです。ですから、ここの信号はすごく待ち時間が長いのです。

ちょっと休憩でもしていきましょう。ここらへんの紅葉は、30 〜 40%ほどでしょうか。

駒ヶ滝トンネル内で分岐があるので、左に行きます。もう、このトンネルったら、真っ暗で路面濡れてるしすごいこわいっスよ。

二瀬ダム
二瀬ダム付近

トンネルを抜けると、上の写真にもある二瀬ダムの上を通ります。ここではのんびりできません。早くしないと信号が変わって、対向車が襲ってくる(のかもしれない)ぞ!

→ 県道 278 号 → 三峰山

三峰神社

ここの道は険しいところが多いのだが、絶景ポイントも随所にあります。ダムの水の溜まってる側の方だし。ここで、山道の走り方の基礎というものを、師匠 I 君から伝授されました。

県道 278 号は、三峰山に登る山道で、村営の駐車場が終点です。オートバイの駐車料金は 200 円。おごってもらっちゃって悪いね、I 君 (^o^)

三峰山ロープウェイの乗り場あたりが本当の山頂で、標高 1102 メートル。でもそっちの方まで行きませんでした(人間本体の方は坂道が苦手なのね ^_^;)。

三峰神社は、日本でも有数の霊場だそうで、この日も訪れている人が結構いました。

DC-25 & DJ-1000 画質比べ その 2 〜!

画質比べ(その 2 )

DC-25
DJ-1000

あああ、DJ-1000 の彩度の低さが、この縮小写真でもモロわかりですね。

→ 来た道を逆に戻る → 埼玉県志木市 :着

走行距離: 約 220 km

青梅 〜 秩父へおでかけ

ツーリングマップルでいうと、関東版 43 ページ & 52 ページ

東京都杉並区(高円寺)自宅発

朝の目覚ましテレビの占いカウントダウンで 11 位と、かなり運勢が下降気味にもめげず、「道に迷いそう」とコメントが出ているのも気にせずに出かけてしまいました。

→ 青梅街道 → 青梅

私は、青梅街道をたどって青梅まで行くのが、この日初めてだったんですねー。車に乗ってるときも、この道あんまり通ったことなかったのです。

→ 国道 299 号(→ 正丸トンネル)

本当はね、本当はね、正丸峠のほうの道を通って国道 299 号に出てから、正丸トンネルをくぐって通ってきたかったのだけれども、「道を曲がる方向を間違えて」いきなり正丸トンネルの秩父側の出口のほうに出てしまったのだ!

占い通りだ!

一瞬、逆方向に正丸トンネルを行ってしまおうかとも思ったのだが、燃料がなくなりそうで早く市街地に出たかったので、泣く泣く正丸トンネルを後にしました。

→ 秩父市街

国道 299 号 〜 秩父市街 〜 国道 140 号にかけて、ものすごい渋滞でした。このとき、私は「すりぬけ大魔王」と化してたので、結構へっちゃらでしたが。

→ 釜伏峠

国道 140 号を北上して「三沢入口」交差点を右に曲がって県道 82 号、 2 km くらい行って「秩父国際 GC 」の看板を左に曲がると、釜伏峠への山道です。

道幅はちょっと狭い。前を行く車が対向車とすれ違う際に、ゆっくりゆっくり、慎重に慎重にすれ違うもんだから、こっちも急勾配の上り坂の途中で止まってしまい、思う存分、坂道発進の練習をさせていただきました(^o^)。

釜伏峠までいけたのはいいが、地図をいくら目を凝らして眺めても、「どっちの道に行ったらいいのかわからない!」(占い通りだ!)

→ 中間平

「ええい、こっちだぁ!」と突き進んだ方向は間違ってはいなかったようで、「中間平」という眺めのいい場所を通り抜けて、無事、国道 254 号に出られました。

ただ、ここらへんをどこをどう通ったかわからなくて、あとから地図上をトレースしようとしてもできないのであった。

→ 国道 254 号 → 埼玉県志木市(実家)着

走行距離: 約 180 km

吉見百穴 〜 東秩父へおでかけ

Googleマップツーリングマップルでいうと、関東版 52 ページ付近

行程
埼玉県志木市(実家) → 吉見百穴 → 小川町 → 東秩父村
→ 定峯峠 → 刈場坂峠 → 奥武蔵グリーンライン → 埼玉県志木市(実家)
距離
すっかり計るのを忘れてしまいましたが ^^;、燃料の減り方から推測するに 100km いってないでしょう。